紳士付きメイドのソフィーさん6!金髪美女がウブな貴族男子を執拗に亀頭責め!あまあまイチャラブ

紳士付きメイドのソフィーさん6
紳士付きメイドのソフィーさん6

       

紳士付きメイドのソフィーさん6(作者:めとろのーつ)のエロ設定

「紳士付きメイドのソフィーさん」シリーズの最新話です。

こんなエロ設定が好きな方にオススメ

ヨーロッパ中世のメイド × 貴族男子

金髪美女

メガネ美女

ムチムチボディ

パイパン

焦らし責め

亀頭責め

純愛・あまあま

ストーリー重視

    

「紳士付きメイドのソフィーさん6」の内容をチラ見せ

今回の舞台は、嵐の夜のお屋敷の屋根裏部屋。

身体の火照りを持て余し、ひとりで秘部を慰めるミステリアスな金髪美女メイド・ソフィー

ソフィーのエロさに我慢できなくなった貴族の嫡男・エドワードはフル勃起したアレを取り出し

ソフィーの顔の前に突き出します。

自分の秘部をクチュクチュと弄りながら、ビクビクしているアレをお口にそっと含むソフィー。

ソフィーに激しくしゃぶられ擦られ、あっという間に果ててしまうエドワード。

しかし、イったばかりで敏感なところを、今度は手コキで容赦ない亀頭責め!

イキそうになると止め、また責めてまた止めて・・と焦らし責められ、エドワードはビクビク痙攣が止まりません。

嵐の薄暗がりの中

潮吹き、オナニー、連続射精とお互いの快楽を貪欲に求め合い、濃厚なあまあま・イチャラブセックスは止まることを知らず・・・!

         

「上品でどエロ」という至高のエロスを併せ持つミステリアス金髪美女・ソフィーさんに責め立てられて

超ビンビンになってしまったウブなエドワード君が、我慢できなくなってバックから突きまくるシーンはたまりません。

金髪美人でメガメっ子で上品なのにどエロでムッチムチ・・・

こんな彼女がほしい・・・!

   

タイトルとURLをコピーしました